指導方針について

卓球技術の上達には次の4段階があります。

 

1、正しい足の動かし方を覚える

2、速く動けるようになる

3、速くスイングできるようになる

4、当てる厚さ(薄さ)を選択できる

 

この4つを軸に、様々な枝葉が存在し技術が成り立っています。

「速く動きながら速く振れて、尚且つ当てる厚さを選択できる」ことが技術と考えます。

それに加え、ラケットの角度とスイングの方向を知る必要があります。

 

スイングに先立って、まず初心者であれば正しい動き方を覚えることが最重要課題となります。

スイング方法については「基本打法」のページでも解説していますが

基本的には速く振ればスイングは直線的になり安定します。

「大は小を兼ねる」という考え方の元、速く振って薄く当て強いドライブが打てるようになれば

練習せずとも弱く打つフォア打ちなどは自然と打てるようになります。

正しい動き方を覚え、速く動きながら速く振る訓練をすれば、最短で正しい技術が身につくと考えます。

 

技術を考える時に、「感覚的」な事柄と「物理的」な事柄を混同しないことを重要視しています。

例えば、スイングを大きく3つにわけると始点・打点・終点があります。

感覚的な指導では、打点、即ち当たる瞬間に力を一番入れると伝えることが一般的かと思いますが

物理的に考えると、一番力が必要なのは、止まった状態から加速しようとする始点です。

打点では、ボールが逆方向にぶつかってくる「抵抗」があるために「力」の存在を感じます。

しかし、一振りの速いスイングの中で、始点から打点まではリラックスし、打点のみ力を入れて、打点から終点までもリラックスする。などということは非常に難しいことだと考えます。

感覚的には「当たる瞬間だけ力を入れれば良い」と良く言いますが、本当はスイングをスタートする時に一番力が必要です。

上級者が感じる感覚は、初心者に通用しない場合が多くあります。

速く振るためには始点で一番力を入れ、打点でボールの抵抗に負けないように更に力を加えるということを良くお伝えします。

そのように、物理的なことと感覚的なことを混同せずに説明することを心がけています。

 

ご自身の卓球論1つ1つを見直し、物理的であるか、感覚的であるかを今一度お考え下さい。

 

 

初期段階の練習は多球練習が中心になります。

一定で安定したボールへの強打を反復することにより、技術の上達の効率が大きく上がります。

培った技術を試合で発揮するためには

持っている技術をいかに試合の中で平静に使えるかという「慣れ」の点と

いかに全面形式の中に技術を組み込んでいけるかという「戦術」面を埋めなければなりません。

しかし、そのプロセスは全てが多球練習が基になります。

 

1、多球練習で出来たことを1球練習(ラリー練習)で出来るようになる。

2、1球練習で出来たことを全面練習(サーブレシーブからオール)の中で出来るようになる。

3、全面練習で出来たことを、ゲーム練習の中で出来るようになる。

4、ゲーム練習で出来たことを、大会の中で出来るようになる。

 

という経緯を辿って再現性の極めて高い「使える技術」へ昇華します。

逆に言えば、一定のボールを打つ多球練習で出来ないことが全面練習で出来るということは無く

仮にあったとしてもそれは再現性の低い技術なので、安定して発揮できない技術であると言えます。

ですので、初期段階では“多球練習で出来ることをいかに増やすか”ということが後の成長率を大きく左右します。

「多球ではしっかり問題なく出来るけど、全面になると出来ない」という状況を悲観する必要はありません。

多球の内容を1球にアップデートし、1球の内容を全面にアップデートする作業を綿密に行えば、必ず出来るようになります。

試合に勝ちたいという気持ちはみんな一緒ですが、あまり試合に勝つための技術ばかりを追い求めず

いかに多球での「貯金」を貯めるかが、長く成長を続けるコツです。

 

多球練習は「技術」そのものを上達させる練習で、一球練習はどれくらいの強さでどのコースに打つのか、正しい「選択」をする練習です。

そして全面練習はサービスからの「パターン」を増やす練習で、ゲーム練習はそのパターンを正しく組み合わせて「戦術」を作る、または実行する訓練をする練習です。

まずは、1つのミスに対して「技術」的な問題が原因だったのか、はたまたどのようなボールを打たなければならなかったのかという「選択」が間違っていたのか。ここをきちんと見極めることが速い上達の鍵となります。

どんなボールを打たなければならなかったのか…どれくらいの強さ、厚さで打たなければならなかったのかという「選択」が間違っているのに、多球練習でいくらパワードライブの練習をしても試合では入りません。しかし、選択の幅は「技術」が高ければ広がります。だからこそ「技術」と「選択」をきちんと分けて考えて、その上でサービスやレシーブからの「パターン」を数多く作り、「戦術」を考えましょう。