グリップについて

打球の全ての原因はまずグリップに起因すると考えます。

例えばグリップが左に曲がっていれば、スイングは右に曲げて行わなければ真っすぐな球は打てません。

ミスの原因を探る時、まずグリップから間違いがないかを確認し、修正しなければ

根本的な改善には至りません。

 

そして、グリップとは「技術」です。

特にシェークのバックハンド系のグリップや、ペンのフォアドライブのグリップなどは

見て真似をしようとしても簡単には出来ません。

ある程度の訓練を経て、出来るようになるグリップも多くあります。

そして、技術は「変えるもの」ではなく「増やすもの」です。

「グリップを変えるのは難しい」と考えずに

「新しいグリップを頑張って増やす」という捉え方で臨んでください。