フォアハンドロング

いわゆる「フォア打ち」の基本的な考え方を紹介します。

ペンとシェークどちらも同じですが

フォア打ちで使う関節は肩です。

 

肩関節には

1、上げ下げ

2、開閉

3、旋回

4、捻転

という4つの機能があると考えます。

 

簡単に説明すると

1、上げ下げ=ループドライブ等

2、開閉=フォア打ち、フォアドライブ、フォアフリック等

3、旋回=ロビング等高いボールに対するフォアスマッシュ等

4、捻転=シュートドライブや、フォアストレートへのドライブ等

という使い方をします。

 

フォア打ちは、肩関節の開閉を使って打球します。

 

フォア打ちは初心者が最初に練習する代表的な技術ですが

フォア打ちの際によく行う練習方法とその考え方を以下に記します。

フォア打ちでよく行う練習は「左手を台の上に乗せて打つ」練習です。

 

この考え方としては

初心者は最初、良かれと思って全身を使って打球をしようとするケースが多く

無駄な動きが非常に多い場合があります。

膝や腰を使って一生懸命打とうとするがあまり、肩が動かずロボットのように打つケースが多く見られます。

まず打球の基本は腕の関節をしっかり使えることなので

左手で台を触ることにより、全身の動きを抑制して右肩のみで打球することを意識させます。

その訓練によって肩の使い方がわかってきたら、徐々に腰を使うように指導します。最後に足を使います。

以上のように、一つ一つの関節を順番に使ってみることにより関節の働きを明確に感じてもらうことが重要です。

 

逆の例として、まったく動きのない初心者もいます。

足も体も止まっていて、肘から先だけで打つような方の場合も

肩を使って打つ事を指導します。(左手を台に付けるかどうかは人によります)

手首でも肘でも打てないことはありませんが、基本的に大きな関節で打球する方が力学の面で優位なので

特別な事情や強い癖がない限りは、肩の開閉を意識した打球を指導します。

 

以上のように、“動きすぎる人”や“動かなすぎる人”がいますが

指導方針には大きく二つあり

❶無駄な動きも入れて、徐々に無駄を削り必要なものを削り出していく指導

❷無駄な動きを出来る限り排除し、必要なものだけ積み重ねる指導

があります。

フットワーク練習などは❶の指導を多用することが多いですが

打球練習に関しては❷を多用することが多いです。

しかし飽くまでもこれは人に寄りますので、最後は生徒ごとに判断が必要です。