ニュートラルについて

●ニュートラルと「構え」についての考え方

スイングは基本的に振りと戻りの2ステップで構成されています。そのため、ニュートラルという考え方は存在しません。

ニュートラルという考え方は、①スイング②戻り③構え、の3要素で構成され、「三角打法」と言えます。

構え(ラケットを体の中心に置く)の位置からバックスイングをとり、スイングし、また構えに戻る、という構図です。

私の指導では「振る」と「戻る」の2ステップしかなく、戻りが即ち構えになると考えます。

「三角打法」は手順が3段階あるので、2ステップに落とし込むことができません。

 

「構え」には「フォアハンドの構え」「バックハンドの構え」「ツッツキの構え」など、打法によってそれぞれに構えがあると考えます。

「三角打法」における構えは、私の指導では「レシーブの構え」に該当すると考えます。フォアを打った後はフォアかバックに構えるのが通常で、フォアのあとにレシーブをするわけではないので、体の正面にラケットを戻して構える必要はありません。フォアのスイング後は速やかにフォアハンドの構えに戻りましょう。

ここでよく「試合でどちらに来るかわからないのに真ん中に構えなくていいのですか」という質問が来ますが、それに対する見解は以下の通りです。

卓球はサービスから相手を誘導していく競技なので、「どちらに来るかわからない」状況を無くしていくことが大切です。

仮に、自分のサービスが成功したら、フォアとバックに来る確率は5:5ではありません。7:3や8:2でどちらかに来る確率が高い訳ですから確率の高い方に「構える」ようにします。仮に本当に5:5でどちらに来るかわからないということであれば、それはサービスなり自分の返球が甘く、相手が好きなコースを選べる状況だと考えて下さい。そうならないようにサービスから相手を誘導するために厳しいボールを送ります。逆にレシーブは、相手のサービスが基本的にどこに来るかわからないので真ん中(ニュートラル)に構える必要があります。

確率の高い方に構えていくようにしますが、逆を突かれ確率の低い方に返球される場合も当然あります。その場合、例えばバックに構えていてフォアに来たら速やかにフォアに構えなおして大回りでスイングをします。そしてそれを「振りのステップ」の1ステップ内に収めましょう。

打った後に見てしまう癖

↑この項でも同じ内容に触れていますので参考にご覧ください。